公的医療保険で治療ができるがん

  • 小児腫瘍
  • 切除非適応の骨軟部腫瘍
  • 転移の無い前立腺がん
  • 頭頸部悪性腫瘍(口腔、咽喉頭の扁平上皮がんを除く)

2016年4月から小児がん、2018年4月から転移のない前立腺と一部の頭頸部がん、手術非適応の骨軟部腫瘍が公的医療保険の適用となりました。それ以外の部位の粒子線治療は厚生労働省が先進医療として位置付けており、治療そのものの費用は自己負担となりますが、入院費や検査料などは健康保険の適用となります。陽子線がん治療費の自己負担額は、療法や施設によって異なります。

保険で治療ができるがんの場合

公的医療保険で治療ができるがんの場合、前立腺がんかそれ以外のがんかで陽子線治療の技術料が異なります
・陽子線治療の技術料
    前立腺がん:160万円      それ以外のがん:237万5千円

陽子線治療は高額療養費制度の対象となるため、実際ご負担していただく額はさらに少なくなります。
入院・検査・投薬など(保険適用)別途費用がかかります。

費用負担の例)前立腺がんの場合

陽子線治療の技術料は160万円ですが、高額療養費制度を用いることで技術料の自己負担額は
(i)負担割合1割または2割負担の方
      一括で1万8千円
(ii)負担割合3割の方
      一括で約5万7千円25万3千円
となります。(年齢や収入によってご負担額はかわります)

先進医療の場合

治療そのものの費用は自己負担となりますが、入院費や検査料などは健康保険の適用となります。陽子線がん治療費の自己負担額は、288万3千円(税込)となります。先進医療特約に加入している場合、陽子線がん治療費をカバーすることができます。
入院・検査・投薬など(保険適用)別途費用がかかります。